MENU

いま注目の新成分!女性の健康にどんな効き目がある?

エクオールサプリの効果は、テレビで取り上げられて以来、たいへん話題になっています。
更年期障害やその他、様々なお悩みに対する効き目が評判になっている新成分です。
それだけでなく美容効果も期待され、エクオールサプリも注目を集めています。

 

一体なにがスゴイのか?
エクオールサプリに副作用はないのか?

 

安心しておすすめできるサプリメント等も含めて徹底的にリサーチしてみました!

 

 

更年期障害

 

 

エクオールサプリは症状の改善効果に期待大

更年期障害の改善を目的としたサプリメントには、配合されている成分は様々あります。
その中で一番評判が良いのがエクオールです。
その理由は「誰でも効果を期待できる」という点です。

 

エクオールが登場する以前は、女性ホルモンに対する有用成分としては「イソフラボン」が主として知られ、サプリメントを飲んでいる方も沢山いらっしゃると思います。
ですが、最近になってこのイソフラボンの過剰摂取による副作用の可能性が取りざたされたり、またさらに衝撃的なのが日本人のおよそ2人に1人、効果がないことが判明したのです。
実は、イソフラボンはそのまま体内で作用するのではありません。
「エクオール産生菌」という腸内細菌の働きにより「エクオール」が産生されて初めて作用するからです。

 

そして残念なことに日本人の2人に1人、産生するのに必要な腸内細菌を持っていないのです。
対策はというと、直接エクオールを摂取する事です。
直接摂取により、女性ホルモン様の作用を誰でもが受けることが可能になります。
エクオールサプリは、更年期の対策イソフラボンよりも確実に効果が期待できると注目を集めています。

 

更年期障害の主な症状

エクオールサプリの効果で、つらい症状から解放されたいのは勿論ですが、身体に入れるものだからきちんと副作用などの無い安心なものを選びたいものです。
まずは更年期障害に関する基礎知識からみていきましょう。
エクオールサプリの効き目が有効かどうかも、正しい知識を身につけることで、理解できるようになります。

 

更年期障害として主に現われやすい様々な症状

ホットフラッシュ、動悸、胸痛、のぼせ、嘔気、食欲不振、汗、寒気、冷え症、肩こり、めまい、息苦しさ、疲れやすい、頭痛、感情の起伏が激しい、情緒不安定、焦燥感、抑うつ、腰痛、関節痛、皮膚の乾燥、頻尿

 

身体にはっきり現われるものから精神的なものまであり、例えば腰痛や関節痛の様に一見すると更年期のせいとは思えない様な症状も…。
症状が比較的重くない場合には、更年期サプリ等での効果、軽減が見込めますが、あまりに長く頭痛や腹痛が続いたり、精神的な変化が著しい場合などには、他の病気が原因という事も考えられます。
その場合にはサプリメントを検討する前に、まずかかりつけ医またはその他医療機関の診察を受けましょう。

 

更年期の原因は?

更年期障害の主な原因は女性ホルモンの1種である卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌の低下です。
ホルモンバランスが崩れる事で発症しやすく、閉経なども要因といわれています。
エクオールサプリもそうですが、更年期向けのサプリメントには、圧倒的に女性ホルモンに働きかける成分の入ったものが多いです。
またホルモンを起因とするものに加え、加齢に伴った身体の変化と精神的な要因、ライフステージの変化など、社会文化的な要因が重なり合って影響して症状が出ると言われています。

 

更年期によい食事

サプリメントを活用しながら、毎日の食事を見直すことも症状の緩和にはさらに効果的です。
普段の食事で気をつけたいポイントを挙げていきます。

 

ポイント1・不飽和脂肪酸

更年期になるとホルモンバランスの崩れから、コレステロールが増えて太りやすくなります。
脂肪分の摂取は控えめにして「不飽和脂肪酸」の多い植物油や魚を多く取るようにしましょう。

 

ポイント2・カルシウム

女性ホルモンが減少することによって骨からカルシウムが溶け出しやすくなるため、更年期になると骨が弱くなります。悪化すると骨粗鬆症になる可能性も…。
また、カルシウム不足はイライラしやすいなど精神面にも影響しますので、牛乳、チーズ、小魚、ひじき、小松菜などから意識的に摂る様にしましょう。

 

ポイント3・ビタミン類

自律神経の働きを維持するビタミンB1、ビタミンB12は、更年期対策に効果的です。
豚肉、レバー、あさり、牡蠣などを食べるようにしましょう。
ビタミンCも更年期のイライラ緩和に有効なので、いちご、レモン、ほうれん草、ブロッコリーなどがおすすめです。
これらのビタミン類は水溶性で摂りすぎた場合、汗や尿などから排泄されるためサプリメントにおいても過剰症など副作用の心配はほとんどありません。

 

ポイント4・塩分と糖分を控えめに

更年期には、ストレスや肥満などが原因で高血圧になりやすいといわれています。
手足のむくみが気になる方は塩分の摂り過ぎが原因かもしれません。
むくみや高血圧の症状がない場合でも、この時期には塩分や糖分は控えめに心掛けましょう。

 

更年期に密接な女性ホルモン「エストロゲン」

先ほども述べましたが、更年期の予防と改善にはホルモンバランスが要となります。
卵巣から分泌される「美しさの源」とも言われる大切なホルモン「エストロゲン」が減少してしまうと、ホルモンバランスが乱れます。

 

女性の健康トラブルの中でホルモンバランスの乱れが一因といわれているものは、
「生理不順」「肌荒れ・にきび」「生理前症候群」「更年期障害」「自律神経失調症」「うつ症状」「冷え性」
と様々で、その症状の出方も軽微なものから中には通院が必要になるほど重くなってしまう場合もあります。

 

 

いつまでも若々しく健康と美しさを維持するためには、サプリメント等のサポートも加えホルモンバランスを整える事がとても効果的なのです。
エクオールはその「エストロゲンに似た働き」をしてくれる嬉しい成分なのです。

 

ホルモンバランスを整えるには?

ホルモンバランスを整えるために大切なことは、

 

ストレスをためない
適度な運動
充分な質の良い睡眠
栄養バランスの取れた食生活
サプリメントでサポート

 

などが挙げられます。

 

ただ「ストレスをためない!」と言ってもなかなか難しいところがありますよね。
すぐに取り組めるのが栄養バランスに気を配ることやサプリメントの活用と言えそうです。
副作用などの心配のない、安心なサプリメントを選んで上手に取り入れたいですね。

 

更年期向けの成分

エクオールサプリだけが、更年期向けのサプリメントではありません。
効果があるとされている主な製品にはどのような成分が含まれているのでしょうか?

 

ローヤルゼリー

ローヤルゼリーは更年期に限らず年齢的、体力的な悩みに効果が期待されているサプリメント成分です。
ローヤルゼリーに含まれるデセン酸という成分がエストロゲンと同様の作用をすることから、自律神経の働きやホルモンバランスを整えてくれるといわれています。

 

プラセンタ

プラセンタは主に馬やブタ、牛の胎盤を原成分としたもので、ホルモンの分泌を調整してバランスを整える作用や、自律神経を整える作用、血行促進や造血作用などが挙げられ、サプリメントも多く流通しています。

 

イソフラボン

女性ホルモンと似た成分としてよく知られているのが大豆に含まれているイソフラボンです。
イソフラボンは、化学構造がエストロゲンと似ているため、体内で女性ホルモン様の効果を発揮するといわれています。
ただ、厚生労働省からも過剰摂取の危険性を喚起されていて、サプリメントを利用する場合には副作用にも気を配る必要があります。

 

エクオール

そして最近、注目度が上がっている成分がエクオール。
こちらもイソフラボンと同様に体内で女性ホルモンと似た作用を発揮する成分です。
エクオールはイソフラボンより効果が期待できるため「スーパーイソフラボン」と言われ話題になっています。
それには理由があります。

 

そもそもエクオールの実体とは?

エクオールは日本で開発され、世界中からその更年期に対する効果に注目が寄せられている新成分です。
テレビや雑誌などでも多く紹介されています。
エクオールとは、大豆イソフラボンを摂取することで腸内細菌によって作られる成分です。

 

ご存知の方も多いと思いますが、女性ホルモンの分泌は30歳代の前半をピークに、徐々に減少してしまいます。
エクオールサプリが注目されている理由は「女性ホルモン(エストロゲン)に似た働きをする」という性質があるからです。
ホルモンバランスはストレスなどの要因からとても乱れやすいもの。。
普段の食事だけで整えるのは難しいので、エクオールサプリの力を借りる方が増えているのですね。

 

大豆イソフラボンが効かない理由

更年期に効果がある成分は、イソフラボンと認識している方も多いと思います。
大豆イソフラボンがなぜホルモンバランスに良いといわれているかというと、先述の通りで大豆イソフラボンを摂取することで、腸内細菌の働きにより「エクオール」が産生されるからなのです。
ですが・・・
実はエクオールを産生するのに必要な腸内細菌を、日本人の2人に1人が持っていないのです。

 

これらの方は、いくら大豆食品を食べても、イソフラボンのサプリメントを内服しても無駄。
「女性ホルモン(エストロゲン)に似た働きをする」エクオールが体内にほとんど届かないので、意味がないのです。
無駄どころか副作用の可能性もあるなんてことも言われているのでリスクが多そうですね…。

 

更年期障害に悩む方、健康志向の方が、イソフラボンが良いと聞いて大豆製品を毎日せっせと沢山食べる。。
更には、サプリメントも飲んでたのに、一向に効果が現れなかったというのは、エクオールを産生できないからだったのです。
では、体質的に産生能力のある方はどうなのか?

 

 

エクオールを産生できる体質の方でも、イソフラボンからでは充分な恩恵を受けるのが難しいのが現状といえます。
日本人の豆類摂取量は、年々減少傾向にあるためです。
その様な事情からも、更年期の効果的な対策は、スーパーイソフラボン「エクオール」そのものをサプリメントで摂取することです。
そうする事で、体質や食事に関わらず、恩恵を受ける事が可能なるからです。

 

エクオールサプリの嬉しすぎる効果

エクオールについては、近年、各機関で研究が進められ、美容を始めとして身体を健康に保つため、病気を予防するなど様々な効能が期待できることが明らかになっています。
サプリメントの種類も増えてきました。
以下にエクオールサプリの摂取によって期待できる効果をまとめてみました。

 

シワの予防・改善

エクオールのもつエストロゲン様作用がお肌の新陳代謝を促し、シワの予防、改善に効果が期待されています。
摂取による調査で、シワの面積と深さを測定したところ、実際にシワの進行を抑えることが出来たという結果が報告されています。

 

美白・シミの改善

エクオールサプリの抗酸化作用や新陳代謝を促進する作用により、シミの予防、改善や美白効果が期待できます。

 

更年期障害

主な原因がエストロゲンの減少です。
エストロゲン様作用のあるエクオールがホルモンバランスを整え、更年期障害の予防・改善をサポートします。

 

うつ症状などの軽減・精神面を穏やかに

臨床試験の結果において、エクオール服用前から比較して服用3ヶ月後には症状の強さが50%程度軽減したというデータが出ています。
具体的には、イライラがおさまり、それまであった不安感が軽微になるなどが挙げられています。
エクオールサプリの摂取から情緒を安定させる効果が期待できるのです。

 

骨密度の減少を抑制

エストロゲンは、骨密度を維持し骨粗鬆症を予防する働きがあります。
エクオールはそのエストロゲン様作用によって、骨からカルシウムが溶け出すことを抑制する効果が知られています。

 

肩・首こり、冷えの解消

臨床試験では、首や肩のコリ、冷え性の緩和を多くの方が実感しています。
エクオールの持つ、代謝を促してくれる作用により、コリや冷えなど代謝不良からくる様々な不調を和らげる効果が期待できます。

 

男性にも嬉しい脱毛の抑制

毛髪の脱毛は、アンドロゲン(男性ホルモン)の過剰な作用が一因といわれています。
エクオールの「抗アンドロゲン作用」がこの過剰な男性ホルモンの作用を抑制します。
女性に注目の成分ですが、男性にも効果があるのです。

 

エクオールサプリの副作用は?

良い面ばかりを取り上げてきましたが、副作用の心配はないのでしょうか?
当サイトで紹介しているサプリメント「AMC・エクオール+ラクトビオン酸」を製造しているメーカーさんに聞いてみました。
そうした所、副作用については約1%程、臨床実験の際に確認されているとのことでした。
ただ、その症状はわりと軽微なものがほとんどで、おりものの増加、膨満感、胃腸症などだそうです。
もうひとつ気になったのが、エクオールサプリと大豆イソフラボンを両方摂って、副作用は大丈夫かどうか…。
共に女性ホルモン様の効果を発揮する訳なのでここは気がかりです。
その辺りも含めて、エクオールサプリに副作用が無いかどうか確認してみました。
回答は、サプリメント服用中に、大豆製品を食べることは問題ないとのことでした。
エクオールサプリの副作用に関するデータではありませんが、内閣府食品安全委員会で、一日における大豆イソフラボン摂取上限の目安を食品とサプリメントでそれぞれ設定されていて…

 

<大豆イソフラボン摂取上限>
食品による摂取上限:70〜75mg/日
サプリメントによる摂取上限:30mg/日

 

そして「エクオール+ラクトビオン酸」に含まれるエクオールは大豆イソフラボン相当にすると、25mgに相当するので、サプリメントを内服しても、食品によるイソフラボンは70〜75mg摂取できます。
目安として豆腐で半丁、納豆で1パックくらいが大豆イソフラボン50mgに相当します。
ですので、エクオールサプリの過剰摂取による副作用の可能性は、限りなく低いと言えそうです。
安心して飲めないことには、いくら効果があっても本末転倒ですからね。

 

エクオールサプリを摂りましょう

彦摩呂さんなら「嬉しい効果の総合商社や〜♪」とレポされそうな万能成分のエクオール。
とは言え、残念ながら先述の通り、普段の食事から摂取するのは難しいのが現状です。
エクオールの産生能力は個人差が激しく、大豆製品をとってもその恩恵を受けにくい人が多い上に、さらに食の欧米化や外食の増加などで日本人の大豆摂取量は年々減っています。
大豆イソフラボンもその過剰摂取からの副作用への懸念が、厚生労働省からも注意喚起されています。

 

以上のことから、スーパーイソフラボン「エクオール」そのものを効果的に摂取するには、サプリメントがおすすめなのです。
副作用の心配も低いので、必要量をしっかり摂取して、更年期を改善、予防したいですね。

 

市販のサプリメントをむやみに購入しない

安いからといって、エクオールサプリを近所のドラッグストア等で購入するのは危険です。
安価な外国製のサプリメントは1日の必要量を考慮されておらず、逆に過剰摂取になって副作用の危険性があったり、ホルモンバランスが崩れたりする原因になります。
外国製エクオールサプリには、添加物を過剰に使用している製品もあります。
パッケージ裏面の原産国名、企業名、成分表示などをしっかりチェックして選ぶようにしましょう。

 

安心しておすすめできるサプリメントは

以上のことを踏まえておすすめできるのは「AMC・エクオール+ラクトビオン酸」です。
※AMC: Advaced Medical Care(アドバンスト・メディカル・ケア)

 

 

AMC・エクオール+ラクトビオン酸

このサプリメントがおすすめできる理由
国内のGMP認定工場(ISO9001取得)で生産されています。
医師が監修しています。
1日の容量3粒にはエクオール10mg含有で過剰リスクはありません。
遺伝子組み換え食品を使用せず身体に安全です。
エクオールサプリにラクトビオン酸も配合されています。

 

補足

AMCのエクオールサプリに一緒に含まれているラクトビオン酸とは、牛乳など乳製品中に含まれるラクトースを酸化させることによってつくられるオリゴ糖です。
健康志向の女性の中で話題のカスピ海ヨーグルトにも含まれていて、更年期症状の緩和、骨粗しょう症の予防に効果があると言われています。
つまりエクオールにラクトビオン酸を一緒に配合することで、エストロゲン様作用をさらにサポートします。

 

 

購入について

購入は公式サイトからが便利です。
下記のリンクからアクセスしてください。

 


>>公式サイトで詳細を確認<<

 

更年期に効果的と注目を集めている新成分、エクオールサプリが人気を集めています。
テレビで取り上げられてからは、薬と違って副作用もなく安心して飲めると、愛用している女性も増えています。
私自身もエクオールサプリを飲み始めて半年程経ちますが、じわじわとその効果を実感しはじめましたよ。

 

実際に飲んでみた感想

私が最初にエクオールサプリを注文したときは入荷待ち、欠品状態でしばらく待ってからの注文となりました。
人気殺到のせいでしょうね。
エクオールサプリの入荷状況は、公式サイトで確認ができます。

 

見た目はこんな感じでごく一般的な大きさのカプセルです。
エクオールサプリの1日の摂取量は3粒。
朝、昼、晩の食後に1粒ずつ飲むのが、更年期に効果的な飲み方だそうです。

 

 

エクオールサプリを飲み始めて半年ぐらい経ちますが、まず一番の悩みだった肌荒れが目に見えて良くなりました。
吹き出物が出なくなって、以前より肌のかさつき感もなくなりもっちりしてきた感じで、効果を実感しています。
半年飲んで、エクオールサプリの副作用も特にありません。

 

あと精神面では、穏やかになった様に思います。
明らかに典型的な更年期で、以前は感情の起伏が不安定だったり、訳もなく憂うつな気分になってしまうことが度々ありました。
それが、エクオールサプリのおかげか無くなって、外へ積極的に出掛けたくなる日が増えたのです。

 

そして嬉しいのは夜ぐっすり眠れる様になったこと。
朝まで1度も目覚めずに眠れるなんてことは以前は無かったんです。

 

エクオールサプリって副作用とか大丈夫?と少し不安もありましたが、この製品は医師が監修しているとのことで信頼して飲み始めて本当に良かったと思います。
たった半年でこんなに効果が現れるなんて正直すごいなって思いまして、同じ様な更年期の悩みを抱える女性に教えたいなと思いました。

 

>>公式サイトで詳細を確認<<